高周波を目の下に照射するだけ|プチ整形で気になる部分を解消

肌たるみを解消

美容外科で治せます

年齢を重ねると、細胞が衰えて肌が土台から崩れてきてしまうようになります。若い人の肌は水分をしっかりと内側に閉じ込めておくことができるため、瑞々しい潤いがあります。それに加えて、皮膚細胞が肌をしっかりと支えておける状態になっていますので、たるみのないピンとしたハリを保つことができます。でも、年を取ると肌の保湿力が低下する上に、肌を支える細胞も弱ってしまいますので、肌がたるんでしまうようになります。肌たるみが原因で口元にほうれい線がくっきりと刻み込まれてしまうことが多いのですが、ほうれい線ができていると、実年齢よりも老けて見えるようになります。老け見えは美容の大敵ですので、悩んでしまう女性が少なくありません。でも、美容外科クリニックへ行って肌たるみを解消する治療を受けるようにすれば、ほうれい線をキレイになくすことができます。

どのような方法があるのか

美容外科クリニックでは、医学的根拠に基づいた肌たるみ治療を受けることができます。よく値段が高い美容液を購入して自分でケアしている人がいますが、普通に美容液を塗っただけで、肌の奥深くにまで美容液の有効成分が浸透していくことはありません。期待するほどのたるみ解消効果を得ることはできませんので、結局はお金の無駄遣いになってしまう可能性が高いです。でも、美容外科クリニックへ行けば、特別な医療機器を用いて、有効成分を肌の奥深くにまで浸透させる治療を受けることができます。また、高周波を照射したり、特殊な糸を用いてほうれい線を消す治療などもあります。様々な治療方法が用意されていますので、ほうれい線が気になっている人は、美容外科クリニックへ行って相談してみることをおすすめします。